社会的責任を象徴した印鑑

代表印は会社にとっての実印です

印鑑にはさまざまな種類がありますが、大きく2つに分けることができます。それは個人が使用する印鑑と会社で使用する印鑑です。会社で使用する印鑑のなかでもっとも大切なものと言っても過言ではないのが代表印となります。代表印は代表者印とも呼ばれ、会社の実印でもあります。個人が持つ印鑑を実印とするには、その個人が住民登録をしている市町村役場に印鑑登録をして受理される必要があります。これと同様に会社の実印である代表印も役所に登録して受理される必要があります。
受理されていない印鑑は、見た目が代表印であってもそれは代表印ではないということになります。印鑑を会社の代表印とするためには、その会社の本店がある所在地の法務局に届け受理されなければならないのです。会社の代表印は印鑑であれば問題はないのですが、代表印として登録する印鑑は専用のものを用意されることが一般的となっています。これには防犯対策という意味合いも含まれています。代表印は会社にとって非常に大切な印鑑となるため、模造されにくいものが推奨されるのです。代表印の形として多く見られるのは、代表取締印というような役職名と会社の名前や屋号が彫刻されたものとなります。これから会社を立ち上げたいと思われている方は、会社の将来のためにも立派な代表印をご用意されるのがいいのではないかと思われます。

失敗しない代表印作り

登記は、本社のある住所を管轄している法務局にて行いますが、その際に、必要となるのが代表印です。会社の社長が会社の代表として使用するもので個人でいう実印的な印のことを指します。
代表印には基本的には会社名が入り、契約や取引の際など重要な書類に押印します。よって代表印を作る際にはいくつかのポイントを押さえておきましょう。
一般的に代表印は個人の印と違って、二重になっていて内枠と外枠に分かれています。
外枠には会社名、内枠には代表の印であるということを彫刻しますが、株式会社や有限会社の場合は代表取締役印、個人経営や合資会社の場合は代表者印と彫刻します。会社名がアルファベットであった場合、そのままのアルファベト表記で問題ありません。
印鑑には様々な書体がありますが、代表印は偽造を避けるためにもできるだけ複雑な書体であること、そして機械彫りでは手彫りで世界でたった1つの印となる様にお勧めします。
印鑑のサイズについては、登記する際に決まりがあり、最低でも1cm以上、最大でも3cm以内の直径でなくてはなりません。代表印は重要な印となりますので、作る際には実績があり信頼のできるところに依頼する様にしましょう。