お得な代表印購入方法

代表印製作に関する価格事情

会社を設立した代表者は法律の規定により印鑑を登記所に提出しなければなりせん。その登録した印鑑の事を代表印と言い、主に会社を代表して契約を結ぶ時に使われる印鑑で会社の実印ということになります。
個人の実印との違いは代表印は個人の名前を入れず、会社名や役職名を入れることです。この代表印を作るのにオススメなのがネットの印鑑専門の業者を利用することです。ネットで注文すると簡単に作ることが出来、会社まで届けてもらえるので、店舗で購入すると後日取りに行くなどの手間もかかりません。材質も豊富で捺印性や耐久性のどちらも兼ね備えたチタン性のものから極上の高級感がある黒水牛のものなどもあります。価格も比較的リーズナブルでチタン性は26,000円?、黒水牛は27,000円?となっています。また、代表印ですので外枠と内枠に分けた彫刻も可能で外枠に会社名、内枠に役職名が入るようになっています。書体も3種類ほどから選ぶ事ができ、多く選ばれるのは篆書体となります。
会社を代表するための大切な印鑑ですので材質や書体、デザインなどにはしっかりこだわる必要があります。ネット注文だと選び方も無限に広がり何かと便利ですので代表印を作る際にはぜひ利用してみてください。

会社設立向けのセット販売

代表印とは実印の一つであり、会社経営においては必要不可欠の代物といえます。役所へと届け出て認められた実印なので、契約書を始めとする大事な取り決めの際に用いられます。そして代表と名がついているだけあり、会社経営における代表者として印が押されることとなります。契約書においては代表者のサインで事が済む場合がありますが、契約書が会社の正式な書類であるという証として捺印される際に用いられるので、代表印は会社経営において重要なものであるということは分かるかと思います。
印鑑を販売している店では会社設立に向けて必要な印鑑をセットで販売しているところがあります。起業応援セットであったり、会社設立支援セットであったりという謳い文句で、実印、銀行員、角印の三本セットをお得な価格で提供しているというものです。起業するにあたってコスト削減出来るものはしておきたい、という心境でそちらを利用するのも一つの手といえます。ですがコスト削減を考えるあまり、出来あがる印鑑があまり良いものではないということがないようにしましょう。代表印に用いられるはんことしてはチタン製が近年では需要が高いです。軽くて丈夫な点が高く評価されています。