印鑑のデザインを考える

代表印の書体や印材の種類と購入方法

代表印は、会社の実印のため法務局への登録が必要となります。
実印としての効力がある印鑑なので、作成する時は刻印部分の耐久性を考えて、丈夫な印材を選ぶことが大切です。
代表印に向いている印材は、金属系や石材系などが主流で見た目を重視する場合、水牛系や象牙を使用するケースもあります。
書体は、漢字やひらがな、カタカナ、アルファベットなど色々な文字を組み込めて、篆書体や吉相体、古印体などがあります。
代表印で使用されることが多いのは篆書体で、耐久性を高めた太枠タイプなどもあり、次に多いタイプが吉相体です。吉相体は新しい書体で、篆書体を進化させたものです。
以前まで代表印を作る時には、店頭へ行く必要がありましたが、最近はweb上の通販サイトからでも購入でき、格安や種類が豊富などの点から利用するケースが増えています。
通販サイトを利用して代表印を購入する場合、web上にある比較サイトや業者のホームページを利用すると、価格相場や送料、実績、技術力などの情報が入手できるので便利です。
代表印の通販サイト業者の中には、印影を作成するスタッフが充実している所があり、個性的で安全性の高い代表印を作るには、そういった業者を選ぶのがおすすめです。
細かな情報も、web上のサイトなどから入手できます。

印鑑自体の見た目も大切

みなさんは代表印を知っていますか?
印鑑などには様々な種類があります。
正直難しいものだと思います。
個人で使うものに会社などで使うものなど、多くの種類が存在します。
今回は、そんな中で代表印についていくつか見ていきたいと思います。
代表印とは、会社として重要な取引や契約を行う際に実印として利用されるものです。
こちらの代表印も個人の場合と同じように法務局と呼ばれている場所での登録が必要になってきます。
代表印には、会社名と代表取締役名を記載されています。
重要な契約などに使用される会社の顔とも言えるとても重要なものになります。
代表印には、様々な材質のものがあります。
作成・登録をする際に選ぶ事ができます。
会社の代表印は、できるだけ印影が変わることの内容に丈夫な素材で作成するようにしていきましょう。
素材の中でも琥珀などの石材系や金属系のものが良いです。
また、材質だけではなく印鑑自体の見た目も大切です。
見た目が高価な印鑑を出せば、契約する相手にもアピールすることができます。
象牙や水牛系の印鑑などが良いと思います。
代表印とは、重要な契約などをする際に使う会社の顔とも言える印鑑です。
もっと知りたい方は、インターネットで調べてみてはいかがでしょうか?